春雨☆サラダ

50歳 2児の父‼️ 好きなものはハードロック、JAZZ、ゴルフ、カメラ、ラグビー、バーボン、芋焼酎、中村あゆみ、高崎晃、ランディローズ、前田日明、田村潔司… 愛読書は北方謙三… 一番大切なものは、晩酌と子供たちとの時間!

PVアクセスランキング にほんブログ村

FP1級の提言 欲しいモノは借金してでも買っちゃえ!

銀行の判子と通帳、引き出された10万円

 

現状の私は…

 もう、20年も前の話ながら、私はFP1級を取得した。

 

 ファイナンシャルプランナー

 

 お金のプロなる勉強をしたはずが、今までの人生を振り返ると、それは自分自身に全く活かされず、ここまで来てしまっている。

 

 結婚して、家族が出来て、それと同時に様々な「家庭や親族、親戚の事情」も増えて行き…

 

 住宅ローンを組むのが遅くなったり、子供の教育費が予想以上に掛かったり、親の介護が思いのほか早く始まったり…

 

 その他、想定しなかった出費が嵩み、ライフプランなど絵に描いた餅となり、今に至っている。

 

 

 いくらファイナンシャルプランナーの資格を持っていようとも、このようなコトは想定出来る訳ではない。

 

 人生、思い通りに行かないことが当たり前だと思う今日この頃…

 

 このままでは、退職金の多くが借金返済へと回りそうだ。

 

そして考えた…

 

 しかしながら、50歳を前にして悟ったことが一つ。

 

 それは、借金をしてでも、今欲しいモノは買った方が良いと言うこと。

 

 正直、自分では若いつもりでも、中々30代の頃のようには行かないことがある。

 

 知力、体力、気力…

 

 あらゆるコトにおいて。

 

 今までは、「お金を貯めていつか手に入れてやろう!」と考えていたものの、お金を貯めている間にも、残酷にも時間というものは流れて行き、確実に年齢を重ねて行く…

 

 そうして考えると、コツコツとお金を貯めて、いざ欲しかったモノを手に入れて、その時の自分はどうであろう。

 

 今と同じ体力、気力を維持出来ているのか…

 

欲しいモノは借金してでも今買っちゃえ!

 そして考えたのが、「欲しいモノは、今借金して買う!」ということ。

 

 当然、それによって掛かって来る「金利」というモノについて、FPの世界では最適化を考えるモノであるが、その考え方では人の「体力、気力、知力」は加味されていない他、各自の「生き方」「生きがい」に対してのファクターは何も含まれていない。

 

 欲しいモノを「今」手に入れる価値は、金利を払ってでも、安いものだ。

 

  また、最近では「若さ」とは、年齢ではなく、自分が「若い」と思っていられるかだと思うようになった。

 

 気持ちは永遠に30代!! 

 

 それで良いと思う。

 

 たとえ体力が付いて来なくても、気力だけが付いてくれば細かいことは目をつぶっちゃおう!

 

 たった一度の人生。

 

 私は、これから先も、何歳になったとしても、やりたいことをやっちゃう人生を送りたい。

 

 最近ではリバーズモゲージを取り扱う金融機関も増えて来ている。

 

 住宅ローンを返し終わったら、今度はリバーズモゲージで手元資金を調達して、やりたいことを思いっ切りやってやろうと思う。

 

 子供達に不動産を残してあげるよりも、子供たちには、沢山の想い出とか贅沢を、私が生きている「今」与えてあげ、一緒に喜び満喫したい。

 

 お金は生きているうちに使い切っちゃえ!

 

 自分の趣味楽しみ、人生に使っちゃえ!

 

 こんなアドバイスファイナンシャルプランナーとしては失格だ。

 

 「若い時の苦労は買ってでもしろ」

 

 このことわざの「若い時」というのは、一生だと思うようになった。

 

 自分が実年齢よりも1歳でも若いと思っているならば、そう思えるのならば、それこそが「若い時」であり、そう思い続ける限り「若い時」は生涯続くと思う。

 

 この様な記事を書いてしまい、賛否両論、ご批判も覚悟しておりますが…

 

 ファイナンシャルプランナーとして、たくさんの相談に応え続けて来ましたが、自分の本音と向き合って出た答えはこれです。

 

(おしまい)

 

本日もお読みいただきありがとうございました。