春雨☆サラダ

50歳 2児の父‼️ 好きなものはハードロック、JAZZ、ゴルフ、カメラ、ラグビー、バーボン、芋焼酎、中村あゆみ、高崎晃、ランディローズ、前田日明、田村潔司… 愛読書は北方謙三… 一番大切なものは、晩酌と子供たちとの時間!

PVアクセスランキング にほんブログ村

【健康法】 健康に良いことって… 昔からおじいちゃん、おばあちゃんに言われて来たことかな?

緑黄色野菜のスムージーの写真

 


 最近、書店の店頭に、「健康法」に関する書籍が多く並んでいるように感じます。

 

 新聞下段の広告も、「健康本」に関するものが多いような…

 

 私も何冊か手に取り読んでいますが、それらが云わんとしていることは、昔から各家庭で伝えられて来たことを、医学的な検証を添えて、改めて唱えていることのように思えます。

 

 例えば…

  • 身体を冷やさないこと(体温を上げること)
  • 寝るときにはお腹を冷やさないこと
  • お風呂ではゆっくり温まること
  • 生姜、納豆、乳酸菌、梅干し、野菜、魚を食べること
  • 食事は良く噛んでゆっくり食べること
  • 緑茶を飲むこと
  • 背筋を伸ばし姿勢を良くすること(猫背にならないこと)
  • 横着せずに出来るだけ歩くこと

 

 これって、考えたらおじいちゃん、おばあちゃんに良く注意されていたことではないか…

 

 もしかしたら、著者の方々の発想の原点は、自身のおじいちゃん、おばあちゃんの教えからなのだろうか…

 

 大好きなおじいちゃん、おばあちゃんが言うことの正しさを、大人になって証明し世に広めたかったのではなかろうか…

 

 そんなこともあって、どの健康法も親しみと懐かしさがあるため、私自身も受け入れやすく、色々と実践しています。

 

 ただそんな私の悩みは…

 

 沢山の健康法を取り入れすぎて、毎日、毎日、そのカリキュラムに追われてしまい、どれも満足に出来ていないことです…

 

 こんなことなら、10代の頃から祖父母の言いつけを真剣に聞いて、習慣化しておくべきでした…

 

(おしまい)

 

 本日もお読みいただきありがとうございました。